2013年メンズファッションのトレンド

メンズファッション 春夏 トレンド
Pocket

春夏のメンズファッションの着こなしのトレンド1位は「肩掛け」でした。
これに2位の白パンツ、3位のタックイン、4位のベースボールキャップ、5位のカモ柄が続きました。
少し年配の方なら、肩掛けといえばテレビのプロデューサーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
トレンドというよりも、懐かしさを感じます。
80年代のイメージが強いですね。
しかし、肩掛けは男性だけでなく、女性にも人気があるようです。
確かに、街を歩いていると見かけます。
昔のイメージだとピンクのカーディガンという感じがありますが、色はベージュからグレーが多く、かけるというよりは、ちょっと乗せているという感じです。
春夏といっても、気温が高くなってくれば、こういうスタイルはあまり見なくなるでしょう。
またメンズファッションとして、ショーツも多いですね。
これも、トレンドと言われなければ、なかなか着こなしてみようと思う人は少ないのではないでしょうか。
最近の若者のファッションの傾向として、そこまでモードブランドを着こなす人がいなくなったということが挙げられます。
露骨にモードに合わせるのはいかにも洋服好き感が出てしまうので、敬遠されているイメージですね。
このあたりにも個性重視の世代観が表れているのでしょう。
「みんなと合わせるのではなく、自分は自分」と考えている人も少なくなさそうですね。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL